News

Squat解説①

富山パーソナルジムならここ

薬剤師(兼)トレーナー

富山県内でパーソナルジムをお探しの方が当記事を読まれてはいるのではないでしょうか?

 

今回は、重要種目の一つ【Squat】について。

健康を目指すなら

マシントレーニング <<<<< フリーウエイトトレーニングです。

海外ではマシントレーニングジムが先に流行ったことにより自己流で怪我人が出てしまい健康から遠ざかる人が出たと問題視された過去があります。

この説明については、機会があればに致します。

Squat(スクワット)

この種目は、重要種目の一つで非常に大切なのですが【脊柱・膝】の怪我に注意をしなければいけません。

脊柱・膝の怪我が多い種目になります。

 

鍛えられる部位:お尻周り〜コア周囲

Squat(スクワット)の際ですが、一般的には

膝を爪先から出さないように」と思われている方がいますがコレは間違いです。

正解つま先から膝は出ても良です。

(※コレは過去の記事でも理屈を紹介しています。)

今回は、パーソナルトレーニング指導の際にお客様の膝を壊さないように指導している内容に触れます。

腸腰筋

起始・・・第12胸椎〜第4腰椎

停止・・・腸骨および下前腸骨棘

大臀筋

起始・・・腸骨陵、仙骨、尾骨

停止・・・大腿骨(臀筋粗面)、腸脛靭帯

 

膝を壊す原因①・・・足の幅

正しいアライメント・動きでしゃがみ込んでいくと、

①股関節が屈曲動作(曲げる動作)を行う程に、腸腰筋および大臀筋等の働きで大腿骨が外旋していきます。

②しかし、下腿は相対的に動かない(内旋気味)ですよね。

すると、①と②で膝を境目に真逆の動きをさせてしまいます。

もう明らかに膝に負担が掛かるのが理解できますよね?

【上腿は外回り、下腿は内回り】しているのですから。

 

コレを防ぐには、スクワット(Squat)時の足幅を広く取るしかありません。

足幅を狭くして、つま先を内旋させてお客様にスクワット(Squat)をして頂くなんて事をすれば、膝に怪我を追わせてしまいます

 

ですから、パーソナルトレーニング指導はしっかりとした理屈を説明できる方の元で指導を受ける必要があります。

どれくらい足幅を開けば良いのか?

怪我をしないための指導

薬剤師(兼)パーソナルジム

それでは、どれくらい足幅を広く開けば良いでしょうか?

肩幅?

腰幅?

 

腰幅以上に開いていただくことが理想となります。

 

肩よりも広く開いていただいても構いません。

 

股関節を屈曲(曲げる)していくにつれて、運動連鎖で上腿が外旋していくのは、ボクサーなどの方がパンチを繰り出す際に、腕が内側へと内旋していく理屈と同じ原理です。

 

という訳で、今回の解説は以上とさせて頂きます。

Access

富山地方鉄道富山軌道線本線・堀川小泉停留所から歩いて約2分の好アクセス

概要

店舗名 AMI薬局×Fitness Pharmacy Ami
住所 富山県富山市堀川小泉町797-1 北野ハイツ1階
電話番号 076-481-6924
営業時間 12:00 - 21:00
定休日 月、木、(研修等により休業する場合がございます。月曜日・木曜日が祝日の場合は営業し、翌日が休業日となります。)
最寄り 富山地鉄富山市内線 堀川小泉 徒歩2分

アクセス

プロポーションや健康に関するお悩みを解決できるように、専門知識を有するトレーナーが薬局にパーソナルジムを併設いたしました。堀川小泉停留所のすぐそばに位置しておりますので、お仕事やご予定帰りに気軽にお立ち寄りいただけます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事