News

日本人と腸内細菌

相談薬局・パーソナルジムなら

薬剤師(兼)トレーナー

こんにちは。日本初・富山県初の零売薬局×パーソナルジム

AMI薬局×FitnessPharmacyAMIです。

 

この記事をお読の方は、富山県内で相談薬局や零売薬局、産後のダイエット・筋力トレーニングで検索されている方ではないでしょうか。

 

今回は【日本人と腸内細菌】について

腸内細菌叢は、消化器疾患のみならず、免疫・アレルギー・メタボリック症候群、脳神経疾患など多種多様な疾患要因になりうることが明らかになってきています

 

動物というのは、胎児の時には無菌状態ですが、誕生した瞬間には細菌だらけの外部環境に晒されやがて皮膚常在菌を形成していきます。

 

大腸では、内容物1gに10〜100億個と地球上のあらゆる環境の中でも最も高密度と言われる細菌の生息場所です。

人間の細菌数

口腔内・・・100億、皮膚・・・1兆

・・・1万、小腸・・・1兆

泌尿器系・・・1兆、大腸・・・40兆

 

大腸の細菌数の多さにも驚きですが、胃に1万も細菌がいることも驚かれたのでは?

多岐に及ぶ疾患において、腸内細菌叢の組成変化が報告されています。

 

Ⅱ型糖尿病の患者様でも未治療では、腸内細菌の多様性が減少することが示されています

しかし、治療薬のメトホルミン(医師のみ処方可能)で腸内細菌の酪酸産生などが回復することも示されているのでしっかりと処方医の指示を守って服用しましょう

 

腸内を無菌状態にしたマウスなどは腸炎を発症しないことから、腸内細菌が腸炎の発症に関わっている事は昔から指摘され続けているようです。

 

難治性の偽膜性大腸炎の患者さんに、健常人の腸内細菌を移植する事で治療する方法なども第一選択の治療法とされることも。

Dysbiosis(腸内毒素症)

相談薬局ならAMI薬局

富山県パーソナルジムならココ

【Dysbiosis(腸内毒素症)】とは?

簡単にいうと、腸内細菌叢のバランスが乱れることです。

多様性を失うこととも。

 

抗生物質の投与や偏った食事、病原体感染などが原因となることも。

Dysbiosisは疾患の結果ではなく、寧ろ原因ともなりうると指摘されています。

 

健常な方では、宿主と腸内細菌叢は相互作用の恒常性(ホメオスタシス)が保たれており、Symbiosis状態です。

しかし、ココに抗生物質などを入れることで細菌は抗生剤で倒されてしまうので一時的にはバランス・多様性が乱れてしまうのです。

正常なら元に戻るはずです。というより戻ります。

 

しかし、何かしらの要因で腸内のバリア機構が破綻したりすることで内毒素が通常では見られない代謝物が体内へ流入したりすることで、結果として慢性疾患へと進展していくことが考えられています。

※だからこそ、ウイルス性の風邪等に対して、ウイルスではなく菌を殺すための抗生剤を使う事は、意味のない治療であるだけでなく腸内細菌が乱れる事で慢性炎症性疾患の引き金を自ら作り出すキッカケになりかねないという事です。

 

【日本人が持つ腸内細菌叢の特徴】

・メタン代謝古細菌であるMethanobrevibacter属菌が殆どみられない。

 

日本人の腸内細菌叢の持つ遺伝子には、単糖類の分解に関わるβ-グルコシダーゼやβ-ガラクトシダーゼやマンノースやラクトースなどの糖膜輸送に関わる遺伝子が多い

つまり、炭水化物の代謝能力諸外国に比べて高い

 

更に興味深いことに、日本人に多い遺伝子としてワカメや水生植物類を分解する酵素(β-ポルフィラナーゼやβ-アガラーゼ)が挙げられる。

これは日本人の9割が所持しているが、外国人などでは15%の所持率である。

 

その特徴を活かして、海の幸を積極的に食べましょう。

今回はここまで。

 

富山県内で相談薬局・漢方薬局・産後ダイエット・パーソナルジムなどをお探しの方は是非、当店も検討してみて下さいね♫

Access

富山地方鉄道富山軌道線本線・堀川小泉停留所から歩いて約2分の好アクセス

概要

店舗名 AMI薬局×Fitness Pharmacy Ami
住所 富山県富山市堀川小泉町797-1 北野ハイツ1階
電話番号 076-481-6924
営業時間 12:00 - 21:00
定休日 月、木、(研修等により休業する場合がございます。月曜日・木曜日が祝日の場合は営業し、翌日が休業日となります。)
最寄り 富山地鉄富山市内線 堀川小泉 徒歩2分

アクセス

プロポーションや健康に関するお悩みを解決できるように、専門知識を有するトレーナーが薬局にパーソナルジムを併設いたしました。堀川小泉停留所のすぐそばに位置しておりますので、お仕事やご予定帰りに気軽にお立ち寄りいただけます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事