News

喉の痛みで使用される漢方薬について

富山で相談零売薬局なら

桔梗湯について

こんにちは。

富山県内初の相談零売薬局のAMI薬局です。

 

今回は【喉の痛み】に使用される【桔梗湯】について

 

桔梗湯

・組成・・・桔梗、甘草

桔梗には、去痰(痰を排出)】排膿(膿を出す)】2つの作用を持っている。

 

コレは、”ビソルボン類似作用(去痰薬類似作用)”とも呼ばれています。

その桔梗に甘草を加える事で"消炎作用(炎症を鎮める)"が追加される事になります。

 

桔梗湯はその排膿作用いくつかの方剤える事でニキビ等の化膿性炎症性疾患への応用的使用をされることもあります。

 

その例の一つに【十味排毒湯】等が挙げられます。

桔梗と甘草の組み合わせ(桔梗湯)に様々な方剤を加えたもので、毛嚢炎ニキビ=アクネ菌だが、コチラ黄色ブドウ球菌等が原因に有効である。

 

ニキビと異なり、毛嚢炎髭剃りをする男性に生じたりします。

 

抗生物質を使用される方もいますが、十味排毒湯や荊防排毒散ではなく抗生物質を使用する人は化膿もしない代わりに散りもしないので"硬結炎症などにより硬くなる)"する事が多い東洋医学では云われている。

 

という訳で、喉の痛みに用いる【桔梗湯】の話から派生して皮膚疾患の話になっていましたが、つまり、排膿・去痰作用の桔梗に炎症抑制の甘草を加える事で喉の痛みに使用されます。

 

さて、そんな【桔梗湯】ですが服用方法に正しい方法があるので下記にてそれを紹介していこうと思います。

喉痛への桔梗湯の使い方

富山で相談零売薬局なら

喉痛でお困りの方

さて、桔梗湯の使い方を紹介します。

喉の痛みを訴える患者様にこの使用方法で処方するお医者様もいたりします。

 

しかし、日本では漢方薬が保険適用になった歴史背景上、添付文書には記載されていない。

 

桔梗湯】は、【去痰、排膿、消炎】を持つと紹介しましたがコレを【喉の痛み】に効かせようと思うとどうすると良いでしょうか?

 

恐らく、過去に医師から桔梗湯を処方されて使用した事がある患者様はご存知かもしれません。

 

ここで過去に紹介している漢方薬は名称から使用にふさわしい用法が分かると紹介した通り・・・

 

桔梗【・・・の字がついているので、白湯に溶かす事で本来の姿に戻り効果が出やすくなります。

 

【桔梗湯】の使い方

白湯(お湯)桔梗湯のエキス剤を溶かし本来の姿に戻しましょう。

(※お箸で混ぜたりするとすぐに溶けます)

②それをある程度に冷ましたら口に含みましょう。

"うがい"をして下さい。

(喉の奥に行き渡るようにして下さい。)

喉に行き届かせた後、飲み込むようにして下さい。

 

当薬局にも、医師からその方法で処方をされた事があり、体調が良くなったので"セルフメディケーション"として、喉が痛くなった際に購入に来る方もいらっしゃいます。

 

という訳で、今回は桔梗湯の紹介でした♫

それでは♫

Access

富山地方鉄道富山軌道線本線・堀川小泉停留所から歩いて約2分の好アクセス

概要

店舗名 株式会社Eternal Net(旧AMI薬局)
住所 富山県富山市堀川小泉町797-1 北野ハイツ306
電話番号 076-481-6924
営業時間 不定
最寄り 富山地鉄富山市内線 堀川小泉 徒歩2分

アクセス

ネット通販およびOEM等の自社製品の卸売、販売業、骨董美術品の鑑定及び売却先の紹介などを行う株式会社Eternal Net(旧AMI薬局)です。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事