News

【AAAMIN】2024年3月号 美容クリニックのメニューで聞くポテンツァとダーマペンの違いとは? ダイヤモンドチップとは?

ポテンツァとダーマペンの違いについて

ポテンツァのダイヤモンドチップについて

※本記事はPRも含みます。

近年、美容医療などの市場規模は5年ほど4,000億円程で横ばいになりつつある。

 

そんな美容に関する記事を今回投稿する。

皆さんはここ数年、X(旧:Twitter)などで美容医療をする人々が書き込む

・ポテンツァ

・ダーマペン

・ピーリング

などを目にする機会が増えているのではないだろうか。

 

そんな訳で、どういうものなのか気になる方も多いと思うので紹介していく。

 

実際、【ポテンツァ ダーマペン 違い】と検索している人々もいるようだ。

 

<<ポテンツァについて>>

 

美容医療で用いられる「ポテンツァ」は、RF(ラジオ波)マイクロニードルと呼ばれる治療法の一種です。

 

RFマイクロニードルは、微細な針にラジオ波エネルギーを流すことで、皮膚の深部に熱を送り込み、コラーゲンやエラスチンの生成を促進することで、肌の引き締めやハリ、しわやたるみの改善を期待する方法。

 

<<ポテンツァのメリットとは?>>

①肌質改善:

ポテンツァは、肌の引き締めやハリを向上させるため、肌質改善を期待する方法。

コラーゲンとエラスチンの生成を促進し、肌の弾力性を高めることで、若々しい肌を取り戻す助けに。 

 

②しわやたるみの改善:

RFマイクロニードルが皮膚の深部に熱を送り込むことで、コラーゲンの再生を促進し、しわやたるみを軽減が期待されます。

特に顔のしわやたるみ、首のしわ、手のしわなどに用いられます。

 

③ダウンタイムが少ない:

ポテンツァ治療は非侵襲的であり、通常、ダウンタイムが少ないです。

治療後、軽度の赤みや腫れが数日程度で治まり、通常の活動に早く復帰できます。

 

<<ポテンツァのデメリットや考慮すべき点>>

①複数回の治療が必要:

一般的に、ポテンツァの効果を最大限に引き出すには複数回の治療が必要です。通常は4〜6回のセッションが推奨されます。

 

②費用が高い:

ポテンツァ治療は、他の美容治療と比較して費用が高い場合があります。

複数回受ける必要があることを考慮すると、総費用はそれなりになる可能性があります。

 

③効果に個人差がある:

個人差により、ポテンツァ治療の効果や持続期間にはばらつきがあります。

また、肌の状態や治療目的によっても効果が異なる場合があります。

 

ポテンツァにはチップの種類があり、肌に刺した小さい針から肌の悩みへ合った薬剤を注入します。

 

①マイクロニードルチップ:

マイクロニードルチップは、皮膚に微細な穴を開けるための細かい針を持つチップです。

これらの針は通常、皮膚の表面下の深さや密度を調整できます。

さまざまな針の長さや本数があり、治療の目的や患者の肌の状態に応じて選択されます。

 

②RF送出チップ:

RF送出チップは、ラジオ波エネルギーを皮膚に送り込むための部品です。

これらのチップは、RFエネルギーを効率的に送り込むための設計がされており、皮膚の深部に熱を均一に分布させることができます。

 

③交換可能なチップ:

さまざまな目的に応じて交換可能なチップを使用。

 

<<ポテンツァのダイヤモンドチップとは?>>

 

ポテンツァにはニードルを用いると紹介しました。

しかし

【ダイヤモンドチップ】の特徴は針がないチップです。

 

肌へ当てながら高周波を照射するのでニードルを刺したりする痛みがほぼないという特徴があります。

つまり、ダイヤモンドチップは平らなチップ面を当てる方法です。

主に、肌のたるみ、引き締めを期待して使用されます。

 

 

ポテンツァとダーマペンの違いは?

ダーマペンについて

ポテンツァとダーマペンの違いについて

ダーマペンは、微細な針を使って皮膚に微細な穴を開け、皮膚の再生を促進する美容医療機器です。

 

この治療法は、微細針を使って皮膚にダメージを与え、その結果としてコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、肌質を改善することを期待する方法です。

 

以下に、ダーマペンのメリットとデメリットを示します:

<<メリット>>

1. **肌質改善**:

ダーマペンは、肌の引き締めやハリを向上させるため、肌質を改善を期待します。

微細な穴を開けることで、皮膚の再生を促進し、若々しい肌を取り戻す助けとなります。

 

2. **しわやたるみの改善**:

ダーマペンの治療により、コラーゲンとエラスチンの生成が促進されるため、しわやたるみの改善が期待されます。

特に顔のしわやたるみ、首のしわ、手のしわなどに使用されます。

 

3. **色素沈着や肌のトーン改善**:

ダーマペン治療は、肌の色素沈着や不均一な肌トーンの改善にも期待されます。

皮膚の再生を促進することで、肌のトーンを均一化し、肌の輝きを回復させることを期待して行う。

 

4. **ダウンタイムが比較的短い**:

ダーマペン治療は非侵襲的であり、通常、ダウンタイムが比較的短いです。

治療後、軽度の赤みや腫れが数日程度で治まり、通常の活動に早く復帰できます。

 

<<デメリット>>

1. **複数回の治療が必要**: 一般的に、ダーマペンの効果を最大限に引き出すには複数回の治療が必要です。

通常は4〜6回のセッションが推奨されます。

 

2. **痛みや不快感**: ダーマペン治療中は微細な針が皮膚に挿入されるため、痛みや不快感を伴う場合があります。

しかし、通常は局所麻酔や冷却装置が使用され、不快感を軽減することができます。

 

3. **費用が高い**: ダーマペン治療は、他の美容治療と比較して費用が高い場合があります。

複数回のセッションを受ける必要があることを考慮すると、総費用は相当なものになる可能性があります。

 

4. **効果に個人差がある**: 個人差により、ダーマペン治療の効果や持続期間にはばらつきがあります。

 

また、肌の状態や治療目的によっても効果が異なる場合があります。

 

ダーマペン治療を検討する際には、肌の状態や治療目的、予算などを考慮し、美容医療専門家との相談をお勧めします。

 

<<ピーリングについて>>

ピーリングは、皮膚の表面を化学的または物理的に剥がすことによって、新しい肌細胞を露出させる美容法です。

 

これにより、肌のターンオーバーが促進され、肌質が改善されるとされています。

 

ピーリングにはさまざまな方法がありますが、主なものには以下のようなものがあります。

1. **化学ピーリング**:

化学ピーリングでは、皮膚に酸を塗布することによって古い角質を剥がします。

主に使用される酸には、アルファヒドロキシ酸(AHA)、ベータヒドロキシ酸(BHA)、トリクロロ酢酸(TCA)、フェノールなどがあります。

それぞれの酸には異なる浸透能や効果があり、肌の問題に応じて選択されます。

軽度な化学ピーリングは、美容クリニックやエステサロンで提供されることがありますが、深度のある化学ピーリングは医師の監督のもとで行われることが一般的です。

 

2. **物理的ピーリング**:

物理的ピーリングは、皮膚表面を機械的に剥がす方法です。一般的な方法には、マイクロダーマブレージョン(皮膚に微細な傷をつけることで新しい皮膚を促進する)、ダーマブレージョン(皮膚の表面を研磨する)などがあります。

 

ピーリングのメリットには、肌質の改善、シミやしわの軽減、毛穴の引き締め、肌の輝き向上などこれらを期待するがあります。

 

一方、ピーリングのデメリットには、肌の一時的な赤みやかぶれ、日光感受性の増加、稀に炎症や色素沈着のリスクが含まれる場合があります。

 

また、深度のあるピーリングを行う場合は、回復期間が必要となります。

 

ピーリングを受ける前に、皮膚の状態や目的に応じて適切な治療方法を選択することが重要です。

 

【まとめ】

<<ダーマペンとポテンツァの違いについて>>

 

ポテンツァとダーマペンは、両方とも肌の再生を促進し、肌質を改善する美容医療機器ですが、使用される技術や治療方法にはいくつかの違いがあります。

 

以下に、それぞれの違いを説明します。

1. **技術の原理**:

- **ポテンツァ**:

ポテンツァは、RF(ラジオ波)マイクロニードルと呼ばれる技術を使用しています。

微細な針を使って皮膚に穴を開け、同時にラジオ波エネルギーを送り込みます。

これにより、皮膚の深部に熱を与え、コラーゲンとエラスチンの生成を促進し、肌の引き締めやハリを向上させます。

 

- **ダーマペン**:

ダーマペンは、微細な針を使って皮膚に穴を開ける物理的な方法です。

これにより、皮膚の再生を促進し、新しい肌細胞の生成を促します。

通常、ダーマペンには酸を使った化学的なピーリングも併用されることがあります。

 

2. **治療の感覚**:

- **ポテンツァ**:

ポテンツァ治療中は、微細な針が皮膚に挿入されるため、軽度の痛みや熱感を感じることがあります。

- **ダーマペン**:

ダーマペン治療中も微細な針が皮膚に挿入されますが、ポテンツァよりも痛みや不快感は比較的少ないとされています。

 

 

3. **治療の効果**:

- **ポテンツァ**:

ポテンツァは、肌の引き締めやハリを向上させる

効果が高く評価されています。

しわやたるみの改善、肌の輝きの向上に期待できます。

- **ダーマペン**:

ダーマペンも同様に肌質の改善効果がありますが、特に

肌の色素沈着やトーンの均一化、毛穴の引き締めなどに

効果が期待されます。

 

4. **治療の回復時間**:

- **ポテンツァ**:

ポテンツァ治療後は、軽度の赤みや腫れが数日程度で治まり、通常の活動に早く復帰できます。

- **ダーマペン**:

ダーマペン治療後も同様に軽度の赤みや腫れが数日程度で治まりますが、深度のある治療を受けた場合は回復により時間がかかることがあります。

 

これらの違いを考慮すると、ポテンツァはRFマイクロニードル技術を使用しており、ダーマペンは物理的な微細針を使用する点が主な違いです。

 

どちらの治療法も肌の改善効果が高く、個々のニーズや肌の状態に応じて選択されます。

New Page

< 12 3 4 ... 43 >
Access

アクセス

概要

企業名 株式会社Eternal Net(旧AMI薬局)
住所 東京都中央区銀座1丁目12番4号N&E BLD.6F
電話番号 050-8888-5982
営業時間 10:00-17:00
注) 弊社は自社商材だけでなく、WEBマガジン製作も承っております。
お問い合わせ ご連絡、お問い合わせはメールより承っております。
卸売の取引連絡などであれば大歓迎です。
営業などはご遠慮ください。

アクセス

OEM等の自社美容製品の卸売・販売業、WEBマガジン記事製作、骨董美術品の鑑定及び売却先の紹介などを行う株式会社Eternal Net(旧AMI薬局)です。
Contact

お問い合わせ